織建では耐震性にくわえて、地震時に発生する建物の揺れを、制振装置が吸収し、地震エネルギーが建物に伝わりにくくする制振装置もオプションでご用意。

耐震・免震について

地震に強い耐震構造と 力を逃す、制振の技術

織建の住宅はすべて「耐震等級3」相当を実現しています。
さらに織建では耐震性にくわえて、地震時に発生する建物の揺れを、制振装置が吸収し、地震エネルギーが建物に伝わりにくくする制振装置もオプションでご用意。より安心な技術でお客様に提供しております。

 

織建の家は 耐震等級3相当の家が標準

「耐震等級3」は、国土交通省が2000年に定めた、住宅性能表示制度における耐震性能の最高等級です。建築基準法では、極めてまれに(数百年に一度程度)発生する地震による力が定められており、この力に対して倒壊しない程度のものを「等級1」としています。

「耐震等級3」は、最高等級・建築基準法の1.5倍の耐震性

※「耐震等級3」相当とは、LIXILが建物の構造の安全性に項目を絞りその性能を評価しているため、住宅性能表示とは区別して表示したものです。

耐震等級3相当の強さの理由

壁が強い

建築基準法 織建の構造体バリュー

建築基準法では、2階の形状や大きさにかかわらず1階の壁の量は一定※です。 ※1階の広さにより必要な壁の量を算出します(見付面積で算出する場合もあります)。

スーパーストロング構造体バリューの家は、建物の形や大きさに応じて必要な壁の量を算出するため、地震に強い家といえます。

床が強い

建築基準法 織建の構造体バリュー
建築基準法では、床の形状や大きさにかかわらず補強方法は一定※です。 ※隅角に火打ち材(補強材)を使用します。 スーパーストロング構造体バリューの家は、形状や大きさに応じて必要な床の量を算出し、不足している場合は補強を行うため、地震に強い家といえます。

基礎が強い

建築基準法 織建の構造体バリュー
建築基準法では、地盤の強さに応じて基礎形式を選択するだけで、基礎配筋等の仕様は一定です。 スーパーストロング構造体バリューの基礎は、建物の形状や大きさに応じて基礎を配置し、強度不足の場合は配筋の補強を行うため、地震に強い家といえます。

 

地震対策に日本軽金属グループの「ブレースリーオプション」を採用

当社では、制振+耐震の工法として、日本軽金属グループ提供の「木造軸組工法用制震ブレース・ブレースリー®」を採用しています。
「ブレースリー®」の最大の特徴は、制震ブレースでありながら耐力壁として「壁倍率2.4/2.3倍」が認定されていることです。制震機能付きの耐力壁として利用できるため、限られた住宅の壁を有効に使うことが可能です。

ブレースリー®とは?

建物の地震による揺れを軽減させる、木造軸組工法用の制震ブレース(制震装置)です。

「ブレースリー®」はアルミ製の筋かいに履歴ダンパーと呼ばれるアルミ押出形材を内蔵した制震ブレースです。このアルミダンパーの塑性変形によって生じるエネルギー吸収機能により安定した減衰性能を発揮し、地震の揺れを30%~50%低減します。※建物・地震波により異なります。
「ブレースリー®」の最大の特徴は、制震ブレースでありながら耐力壁として「壁倍率2.4/2.3倍」が認定されていることです。制震機能付きの耐力壁として利用できるため、限られた住宅の壁を有効に使うことが可能です。
アルミ押出形材ですから経年劣化も起き難く(使用環境による)、低コストであることも大きなメリットになります。

「ブレースリー®」は耐震+制震を実現

建物を構造強化することで耐震(耐力壁で建物の剛性を上げ倒壊を防ぐ)ができ、壁に壁に制震装置を取り付け
地震エネルギーを吸収し揺れを抑えることで、自身の揺れを抑震する制震ができますが、ブレースリー®は、アルミ形材の塑性変形を利用した履歴ダンパーによるエネルギー吸収機能で住宅の地震対策に、3つの【安】で応えます。

詳しくは下記のページを御覧ください

>日本軽金属グループ「ブレースリー」のページへ

▲PageTop