織建では耐震性にくわえて、地震時に発生する建物の揺れを、制振装置が吸収し、地震エネルギーが建物に伝わりにくくする制振装置もオプションでご用意。

耐震・免震について

地震に強い耐震構造と 力を逃す、制振の技術

織建の住宅はすべて「耐震等級3」相当を実現しています。
さらに織建では耐震性にくわえて、地震時に発生する建物の揺れを、制振装置が吸収し、地震エネルギーが建物に伝わりにくくする制振装置もオプションでご用意。より安心な技術でお客様に提供しております。

 

制振技術の結晶「MIRAIE(ミライエ)」を採用

当社では、制振のシステムとして、住友ゴムのミライエを採用しています。
ミライエで使われている高減衰は、レース用タイヤの研究・開発で培った先進技術から誕生し、現在、高層ビルや棟梁、業務用IT機器の制震装置など、幅広い分野で実用化されています。
応用性に優れた高減衰ゴムの可能性はますます広がっています。

3つの高い技術

1.運動エネルギーを熱エネルギーに変換

一般のゴムボールと高減衰ゴムボールを地面に落とすと、一般のゴムボールが跳ね上がるのに対し、高減衰ゴムボールはほとんど弾みません。
これは、高減衰ゴムボールが運動エネルギーを瞬時に熱エネルギーに変えて、吸収・発散するためです。

2.高いエネルギー吸収性能

高減衰ゴムは、「伸び縮みしながら繰り返し使用できる」というゴムが持つ最大の特徴を活かしながら、高いエネルギー吸収性能を持続します。

3.高い耐久性と強固な接着力

鉄板と高減衰ゴムの接合に「加硫接着※」を採用。化学反応によって強固な接着を実現します。また、加熱による促進劣化試験では、90年経過しても性能がほとんど変わらず効果を発揮することを確認しています。
※熱と圧力をかけて接合部分を化学的に強固に接着する技術。

実大振動台実験

下記は、住友ゴムの制振技術を利用して建てられた家の実大振動実験の動画です。

>住友ゴムの制振住宅・MIRAIEのページへ

織建の家は 耐震等級3相当の家が標準

「耐震等級3」は、国土交通省が2000年に定めた、住宅性能表示制度における耐震性能の最高等級です。建築基準法では、極めてまれに(数百年に一度程度)発生する地震による力が定められており、この力に対して倒壊しない程度のものを「等級1」としています。

「耐震等級3」は、最高等級・建築基準法の1.5倍の耐震性

※「耐震等級3」相当とは、LIXILが建物の構造の安全性に項目を絞りその性能を評価しているため、住宅性能表示とは区別して表示したものです。

耐震等級3相当の強さの理由

壁が強い

建築基準法 織建の構造体バリュー

建築基準法では、2階の形状や大きさにかかわらず1階の壁の量は一定※です。 ※1階の広さにより必要な壁の量を算出します(見付面積で算出する場合もあります)。

スーパーストロング構造体バリューの家は、建物の形や大きさに応じて必要な壁の量を算出するため、地震に強い家といえます。

床が強い

建築基準法 織建の構造体バリュー
建築基準法では、床の形状や大きさにかかわらず補強方法は一定※です。 ※隅角に火打ち材(補強材)を使用します。 スーパーストロング構造体バリューの家は、形状や大きさに応じて必要な床の量を算出し、不足している場合は補強を行うため、地震に強い家といえます。

基礎が強い

建築基準法 織建の構造体バリュー
建築基準法では、地盤の強さに応じて基礎形式を選択するだけで、基礎配筋等の仕様は一定です。 スーパーストロング構造体バリューの基礎は、建物の形状や大きさに応じて基礎を配置し、強度不足の場合は配筋の補強を行うため、地震に強い家といえます。

 

▲PageTop