織建の作品集

本格和室のある二世帯住宅完成

工事内容 木造住宅, 瓦屋根, 天然木・無垢材使用, 漆喰の塗り壁, Doufre(外張断熱+床暖房+創エネ 省エネルギー住宅), バリアフリー, 免震工法, 制振工法, ゼロエネ住宅
担当からひとこと 二世帯住宅で冬暖かいドゥフレの家が中川村に完成しました。敷地に先祖が植えた桧を伐採し家を守る大黒柱にしました。お父さんの拘りで今では大変貴重な一位の柱を使った本格和室に、伊那の赤松を床に使い、壁に漆喰と桧を沢山使った思わず深呼吸したくなる空間になりました
工事年 2018年
担当 織井常昭, 棟梁、設計監修:埋橋初

床柱に一位を使い、地板は欅、天井は杉を使った本格和室。匠の技が光ります

一位の床柱と欅の違い棚

枠に桧を使い、天井板は杉を使いました。

床:伊那谷の赤松、壁:漆喰と桧の腰板、天井:桧を使いました

家を守っていてくれた桧を大黒柱に使いました。

▲PageTop