織建の作品集

| |

木をふんだんに使ったログハウス調の家完成

工事内容 木造住宅, 天然木・無垢材使用, 漆喰の塗り壁, Doufre(外張り断熱+充填断熱 全館冷暖房 HEAT20-G1G2), バリアフリー, 長期優良住宅
担当からひとこと 屋根が大きなログハウス調の家でご両親とお住まいになるという事で、どこでも家中暖かいドゥフレの家をご希望され設計に入りました。床には伊那市富県の山から伐採した唐松にを張り、壁には漆喰を塗り自然素材に囲まれた内装に仕上がりました
工事年 2019年
担当 織井常昭, 城取典子, 棟梁:埋橋将治 現場代人:北林実

漆喰の壁と唐松の床そして間接照明。この組み合わせは夜の雰囲気が最高にいい感じです

寝室と居間が繋がり大きな空間を演出

構造材を見せることで、木のぬくもりを感じられます

廊下には唐松の腰板を張りました

二階は仕切りを極力すくなくして空間を広くしました

木目調の玄関が、夜の雰囲気をより良いものにしています。

▲PageTop