外壁外張り断熱+充填断熱を使用し、天井面はトリプル断熱で日本一寒い北海道でもエコ住宅として対応するDufreなど、当社のゼロエネルギー住宅の紹介です。

ゼロエネルギー住宅

織建の住宅

Doufre トリプル断熱+ゼロエネ住宅

外壁外張り断熱 + 充填断熱を使用し、桁上はトリプル断熱で日本一寒い北海道でもエコ住宅として対応できるDoufre。
寒い信州でも熱源機 1台で全館快適暖房、夏もエアコン1台で全館快適冷房。四季を通じて快適に過ごせる温度のバリアフリー住宅を実現した最高性能の断熱仕様です。
Doufreの断熱は光熱費を抑え、省エ ネルギーな暮らしが実現でき、家計にも自然にも優しい、快適な暮らしが叶います。
>Doufreについてもっと詳しく

Super IGLION の外張り断熱住宅では、家全体を全て包み込むよう、断熱材を張り込み、 家全体に十分な断熱効果を得られます。
屋根断熱を採用しているので小屋裏等の空間も有効に使えるのが大きな特長です。
また、柱と柱の間に断熱の必要がなくなるの で、壁内収納や配線・配管を容易に組み込めるなど、より自由な設計が可能になります。
>Supre IGLIONについてもっと詳しく

 

ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2016の「特別優秀賞」と「優秀企業賞を」ダブル受賞

 

[財] 日本地域開発センターが実施する省エネルギー住宅のトップランナーを選定する表彰制度「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2016」において、オリジナル工法 Doufre は特別優秀賞・優秀企業賞を受賞しました。2014 年に特別賞、2015 年に特別優秀賞を受賞しており、3年連続の受賞となり、高く評価をいただいております。

「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー」表彰制度とは、建物躯体とエネルギー設備機器をセットとして捉え、トータルとしての省エネルギー性能の優れた住宅を表彰し、さらなる省エネルギーによる環境負荷削減の推進と快適な住まいの実現に貢献することを目指して日本地域開発センターが主催し、毎年厳格な審査を行い、優秀な商品と企業に対して授与しているものです。

 

 

ゼロ・エネルギー住宅(ZEH)とは?

ZEHとは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略。
住まいの断熱性・省エネ性能を上げること、そして太陽光発電などでエネルギーを創る事により、年間の一次消費エネルギー量(空調・給湯・照明・換気)の収支をプラスマイナス「ゼロ」にする住宅をさします。

政府目標

住宅については2020年までにZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)を標準的な新築住宅とすることを目指す。2030年までに新築住宅の平均でZEHの実現を目指す。

※エネルギー基本計画

 

ZEHには補助金が交付されます

新しく家を建てる多くの方がZEHの仕様を導入しやすいように、国は補助金を出し、普及を促進しています。2012年から開始し、これまで8500組※1のお客様が補助金を受けZEH仕様を導入しています。今年度はZEH住宅に補助金125万円が出る可能性があります。当社のスーパーイグリオン工法、Doufre工法+太陽光で対応しています。(※1 経済産業省「ZEHロードマップ検討委員会とりまとめ」より)

織建のZEH住宅ロードマップ及び実績

弊社では、2020年度に、ZEH普及率が50%になる事を目標とし、2030年度までには全棟標準化に向けて、多くのZEH住宅を建築していきます。

  2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
ZEH割合 35% 40% 40% 45% 55%
ZEH実績 32%        

 

▲PageTop